マグノリアの花祭りが開かれる。

済州島では、サット黄色い菜の花の香り伝わってきて統営と順天ではパアルガン紅梅のニュースがセチョロムに聞こえてきている。旅行が好きな私は再び体と心が忙しくなって、昨年行ってきた写真アルバムを開いてみた。今頃春の花を見るために探していくところがまさに家で2時間10分程度走って行けば到着できる泰安千里浦樹木園である。最近の国内家族旅行やヒーリング旅行で脚光を浴びているところの一つである。 訪ねて行く方法は、ナビに泰安郡(テアングン)の願願面(ソウォンミョン)千里浦(チョンリポ)1道187を打って行けば良い。営業時間は冬季毎日09:00〜17:00で、チケット販売は16:00までです。泰安千里浦樹木園は6,000坪の土地をベースに、1970年から徐々に拡張しながら、気候や土地に適した外国と国内の植物を収集して食材を始めた。現在は約18万坪の敷地に米国をはじめ、60カ国以上で収集した10,300種の種を保有していながら、季節ごとに様々な花や木の姿を見ることができており、泰安観光名所に位置していた。3月初め、ここは今まさに春の芽が膜生えていた私の目を捕らえたのが木の根が逆に育 힐링업 っている様子だった。メタシェクワイアの形は、根が少し違って見え、洞窟の石のように成長する根の周りに成長する緑色の芽が水仙化したので、長い間見ていました。高慢な可愛らしい王冠の形を吸うはずなのに、その時再び訪ねて行く予定である。個人的には、華麗な花よりも、この小さな、ぎこちない花がとても好きだったので、私はとてもかわいいので、私の心を奪われました。足を移すたびに登場する春の花は、私が知っている花もあったが、ほとんどが知らない花が多かった。それだけ種が多様である証拠であるはずなのに木の隣に立てた名札を見て、植物の1つ、二人知っていく楽しさがかなり良いしヒーリングが自然になった。花の名前が豊富なしていない私は唯一の知っている花がまさに復讐秒だった。春の伝令サラと呼ばれるほど春を早くから知らせる花なのに泰安千里浦樹木園のあちこちで会うことができた。これまでにこのに咲いた梅の花を見たことがなかった。もちろん光陽梅の村や家の前に咲いた梅の花を見たりしたが、このように幾重にも見事に咲いた花は初めて見る。まるでドローン音が響くような騒々しい音が聞こえてきた勤勉な蜂が蜂蜜を採集するために集まっていた。ほのかな梅の香り広がり、周辺は一面春の花の香りに気分が爽やかになって精神が晴れよう歩みが軽くなる用意だった国内ヒーリング旅行で見つけるよくやったと思った。天恵の自然の中で存分に自分の姿を誇って立っている樹木は美しさを誇っていた。16,000種類以上の木の姿を見ることができており、ここを西海岸の青い宝石という名前がついた。長い時間の間、個人の誠意と信念が作り出した素敵な結果は、樹木園の変貌を備えながら、2010年に韓国農漁村公社が選定した観光名所として名前を知らせると、国内のヒーリング旅行として脚光を浴びた。春には梅をはじめと水仙、モクリョンファ、麻酔首、椿、などが群落を成し咲く季節ごとに見どころを提供し、国内の家族旅行過ぎヒーリング旅行で大きな人気を享受している。最も注目すべきスペースがすぐにミラーの思索道とモクリョンウォンなのに、ここには数十種のモクリョン花が一斉に咲く時期には、モクリョン花まつりが開かれることもある。海岸側には、海を見て歩くことができる海岸遊歩道を作っておいた別名モーセの奇跡が開かれる島を眺めることができた。引き潮イルヌン島に直接歩いて入ることができますので、時間を私の見るのも良いだろう。今頃見つけて行けば、まだ咲いている赤い椿を見ることができるもピーク始めた梅を見ることができるだろう。目を丸く開いてパンを見てみると可愛らしい野生の花が一つ、二人見せ社作する。木の下のベンチに座って暖かい春の日差しを迎える気持ちは暖かく、心に余裕を作ってくれた。久しぶりにビタミンDを豊かに摂取して歩く散歩は楽しいだけだった。国内家族旅行やヒーリング旅行に訪ねてくる足を上にするように歓迎するベンチに座っている場合、これまで積もった疲労やストレスが瞬間溶け込む気分だった。泰安千里浦樹木園をすべて見回すには時間がかなりかかった。向き合う花を見て写真を撮ってみると約2時間ほどかかった滞在中に幸福感に陥った。泰安はソウルから比較的近い西海が位置しているがベクリポ、万里浦、千里浦などきれいなビーチと一緒にあちこちに散在ヒーリング旅行が多く、国内の家族旅行に遜色ない。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다