リーグ3試合連続先発出場した李ガンインの活躍が続いています。

「2021日本プロ野球(NPB)シーズンの開幕が目前に迫っているのに、日本行きの飛行機に乗れずにいる外国人選手たちがいる。

これらの外国人は、日本の新規入国禁止措置により、日本に入ることができずにいる。

日本政府はコロナ19事態の悪化に備え、1月4日から外国人の新規入国を許可していない。

同措置は当初2月7日まで施行されるとされていたが、日本政府はさらに1ヵ月延期した。

しかし、日本政府は5日夜、コロナ19対策本部会議を開き、東京都と神奈川、埼玉、千葉県の首都圏4地域に対する緊急事態を21日まで2週間延長すると正式に発表しました。

このため、外国人選手たちの日本入国がさらに遅れる見通しだ。

たとえ、彼らが入国するとしても2週間隔離されなければならないため、正式にリーグ試合に出場できる日はさらに遅くなる。

そのため、ニューヨークタイムズが最近、今シーズンNPBでプレーすることになった外国人選手たちの近況をお伝えしました。

そのうちの一人が、韓国の野球ファンにもお馴染みのエリック·テイムズです。

テイムズはNCダイノスで活躍した後、メジャーリーグに復帰して4年間プレーしました。

その後、読売ジャイアンツと1年契約を結び、日本での活躍をベースにもう一度大リーグ復帰を狙っている。

ニューヨークタイムズは「テイムズがラスベガスで個人訓練をしながら日本行きを待っている」と報道した。

ニューヨークタイムズによると、テイムズは「これまでここで15人が一緒に練習をしました。 今は皆、メキシコリーグでプレーする選手と練習をしている」と近況を明らかにした。

テイムズは「シーズンを準備するためにはスプリングキャンプが必要です。 肉体的な準備のために時間が必要です。 そのうえ、同志愛を育てるためにチーム員を知る時間が必要です。
私は今、誰がチームメンバーなのか分からない」と述べ、もどかしさを訴えた。

現在、日本に行っていない外国人選手は20人で、この中にはジャスティン·スモーク、アデイニー·ヘチェベリア、ドミンゴ·サンタナなどが含まれていると、ニューヨークタイムズは伝えた。

NPBは3月26日開幕します。 リーグ3試合連続先発出場した李ガンインの活躍が続いています。

バレンシアは5日(現地時間)、스포츠중계 メスタヤのホームスタジアムで202021シーズン26ラウンド、ビジャレアルと’バレンシアダービー’を行いました。 前半40分モレノのペナルティーキックで先制ゴールを許したが、後半40分、ソレールのペナルティーキックと追加時間のゲデスの追加ゴールで、バレンシアは2-1の逆転に成功した。 このためバレンシアは、前回のヘタフェ戦の敗北を後にして勝ち点30点(7勝9分け10敗)で14位から11位に跳躍した。

李ガンインも今回の試合に先発出場しました。 先のセルタ·ヴィゴ戦で先発出場して優れた活躍を見せてくれた李ガンインは、ヘタフェ戦も先発出場して今季リーグ初のフルタイムを消化した。 今回の試合まで3試合連続出場して、立地を固めているところです」

李ガンインは今回の試合で後半20分、ケビン·ガメイロと交代アウトになった。 65分出場にとどまったが、前半19分、ビジャレアルの守備陣を交わしてバレンシアの初有効シュートを試み、後半1分には素早いシュートを試みた。 この他にも、ビジャレアル陣営に果敢に攻め込むなど、目立つ姿を見せてくれた。

試合後、スペインでも肯定的な評価を残した。 まずスペインメディア「エルデスマルケ」バレンシア·エディションは、イ·ガンインに評点7点を付与しました。 このメディアは、「イ·ガンインは差がある選手、また良い試合をしており、いつも(評点を)要求している」と付け加えた。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다