取引所によって価格に多少差がある

米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所に対する規制の必要性を主張したのに対し、米最大の暗号通貨取引所のコインベース株価が4日目に急落した。

6日(現地時間)、米投資専門誌のバレンスによると、ゲイリー・ゲンスラーSEC委員長が同日、下院金融委員会の聴聞会に出席し、「議会が米国内の仮想通貨取引所を監督できる規制枠組みをつくらなければならない」と述べた。

ゲンスラー委員長はこの席で「現在の取引所をめぐる市場規制機関がないので、詐欺や市場の操作の保護が全くない」とし「ただ議会だけがこれを解決することができる」と述べた。

Genslerは、SECは暗号化通貨資産カスタディ(責任管理)分野に関するガイダンスを確立しており、取引所はより直接的な監督を必要としていると述べた。

彼はまた、仮想通貨取引所がSECや商品先物取引委員会(CFTC)の規制を受ける投資家に大きな信頼を与えることができると強調した。

ゲンスラーはマサチューセッツ工科大学(MIT)でデジタル貨幣とブロックチェーン関連の講義をするなど、仮想貨幣の専門家に数えられる人物だ。

一方、コイン・ベースの株価は4営業日連続で下落を続けた。この日は取引中250.51ドルを記録し、폰테크 ナスダック市場上場初日準拠価格(250ドル)まで下落した。

投資家は最近、ドジコインやバイナンスコインなどに追い込まれ、前日のコインベースの株価はドジコインの熱風で4%以上下落した。コインベースがドジコインを取引しない理由だ

FBBキャピタルパートナーズのマイクベイリーリサーチ担当理事はブルームバーグを通じて「コインベースの売りは、現在爆発している「ミニバブル」の形成に支えられたところが大きい」と述べた。

株価の急落により、コインベースの時価総額は約510億ドルまで下がった。先月達成した1000億ドルの半分の水準だ

仮想資産を採掘した場合は、市場で買ったのではなく、取得価額と取引手数料は0ウォンだ。ただ採掘過程で費用が発生する。仮想資産採掘は、コンピュータで特定の演算を実行すると可能だが、高性能コンピュータや採掘機を長時間回さなければならし、電気が多く使われる。

政府は、仮想資産を採掘する際に入った電気料金は、税法上必要経費として認め、所得税の計算時に、これを課税基準額から除外する方針だ。一般仮想資産投資家の場合は、取引手数料が必要経費として認められる

経済専門家は、政府の暗号貨幣課税方針に投資ブームが折れるという見通しを出す一方、続くサンスンジャン中議論だけ育てるという意見が交錯する。現在、政府の暗号貨幣関連法は、投資家保護とは距離がある特定金融情報法(特金法)と所得税法程度だ。

ソンテユン延世大経済学部教授は、「暗号貨幣投資で税金ポータル、租税回避、不法資金洗浄などの問題提起が続いており、投資家を保護することができる規制が必要だ」と述べた。

高麗(コリョ)大学情報保護大学院教授(暗号貨幣研究センター長)は「規制で市場に勝つことはできない」とし「暗号貨幣は市場に任せなければならない」と話した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다